SIMと端末を別に買うと、料金や柔軟性などに様々なメリットがあります。

SIMと端末を別々に購入

 

格安スマホを利用すれば、最新モデルの端末代金を割引付きの分割で購入する事ができます。

 

こういったサービスがあれば、わざわざ割引のない価格で端末を買わなければいけない格安SIMのメリットがないように感じている人もいると思いますが、こうした格安スマホがブームの時代でも、あえて別々に買うメリットを紹介します。

 

 

 

料金が安い

 

格安SIMの最大の魅力は低価格の料金設定です。

 

例え端末の割引代金がない事を考えても、長く継続利用していく事を考えれば充分に元を取れる内容になっている事が多いです。

 

例えば、端末とセットの格安スマホが月額3,000円だった場合、同等スペックの2万円の格安スマホを実費購入して、音声通話付きで月々2,000円以下の格安SIMを利用した方が安い計算となります。

 

 

端末は選び放題

格安スマホは現状、端末機種のラインナップが非常に少ないです。

 

ここ最近の格安スマホブームで各社ラインナップの拡大を図っていますが、大手キャリアのようなラインナップになるのは、まだまだ時間がかかるでしょう。

 

それに対してSIMフリー端末は、現在でも数え切れないほどの種類があり、
最新の格安高性能端末も各社から続々と登場しています。

 

既にSIMフリー端末の価格競争は進んでいて、2万円を切る値段でLTE対応端末も登場しています。

 

今後、更に種類が増えて、SIMフリー端末が流通すれば、中古端末の数も増えてくる事が予想されます。

 

購入時に多くの端末機種から選ぶ事ができるだけではなく、2年縛りがない格安SIMと端末の個別購入は、1年後など、格安スマホを始める時に買う端末に満足できなくなった時は、1~2万円程度の予算で気軽に買い換える事も可能となります。

 

 

料金の見直しが自由自在

端末とセット購入した場合は、2年縛りとなっている為、2年間は同じ会社を利用しないと違約金が発生します。

 

また、現状では格安スマホ会社のプランラインナップは少ないのが現状で、プランを見直そうとしても、「データ容量が2GBと5GBの2つの選択肢しかない。」といったケースに陥る事もあります。

 

そんな時でも端末と格安SIMを個別に買っておけば、プランの見直しを考える時に、他社の格安SIMも含めて検討する事が可能となります。

 

プランラインナップ自体も格安SIMは充実しているのが特徴で、
実際に利用しながら自分に最適な格安SIMに乗り換えて行く事も可能となります。

 

 

データ通信専用スマホとしても利用できる

格安スマホの端末セット販売の場合、音声通話が必須となっている商品も多いです。

 

まずはデータ通信のみのサブスマホとして利用したい場合などは、
格安SIMのデータ通信専用プランを利用すれば、月1,000円程度から利用する事が可能となります。

 

 

 

 

 

一度要領を覚えてしまえば、大きな財産となる

バツサインを出す女性

 

格安SIMと端末を別々に買うのは、メリットばかりではありません。

 

プランの見極めができないと、自分に合っていない内容で契約してしまう事もありますし、格安SIMの会社によっては、データ通信の安定性が低く、必要以上に遅かったり、端末とSIMの相性が悪く、「快適に使えない。」「設定をして最適化しなければいけない。」など難しい点もたくさんあります。

 

こうしたデメリットは正しい知識があれば解決できる事が多く、すぐに問い合わせをする素人ユーザーを対象にしていないからこそ、安い料金設定を実現しています。

 

 

一度、格安SIMと端末の個別購入の要領を覚えてしまえば、その先、端末とセット購入をしようという考えを持たなくなる人が多いです。

 

その先も、その時代や自分の使用環境に併せた最適プランで、機種変更・格安SIMの切り替えをしていく事ができ、長期的には大幅な通信費用の削減に繋がる可能性があります。

 

最低限の知識を習得してしまえば、そのノウハウを活かしてずっとスマホライフを安く快適に送る事が可能となります。