格安スマホを選ぶ為のポイントとして、MVNO・MNO・MVNEを理解しておくとよいでしょう。

MVNOって何?

 

トップページでも紹介していますが、格安スマホにはMVNOという言葉が度々登場してきます。MVNOとは簡単に言ってしまえば、大手キャリアから通信回線を借りている業者という意味ですが、ここではもっと詳しくMVNOについて説明していきます。

 

 

格安スマホを取り巻く、3つの業界用語

格安スマホは冒頭で紹介したMVNOの他に、MNOMVNE3つの業界用語が存在します。
それぞれの意味と簡単な紹介をいたします。

 

 

MVNO

「Mobile Virtual Network Operator」の頭文字の略となっています。
日本語に直すと「仮想移動体通信事業者」となります。

 

仮想というのは、自社で通信回線を待っていないという意味でもあり、MVOと呼ばれる大手キャリアから回線を借り受けて、格安スマホを提供する業者の事です。

 

現在、格安スマホは一部の企業を除いて、MVNOが一般的となってきています。自社で通信回線を持っているY!Mobile以外のほとんどの格安スマホはMVNOの会社が運営していると思って頂いてよいでしょう。

 

 

 

MNO

「Mobile Network Operator」の頭文字の略となっています。
日本語に直すと「移動体通信事業者」で、英語表記通りにモバイルネットオペレーターと表現される事もよくあります。

 

主に大手キャリアがMNOにあたりMVNOに対して通信回線を供給する側の業者という意味になっています。
MVNOに比べると、MNOは大手キャリアと表現される事も多く、単語の露出度としては少なくなっています。

 

 

 

MVNE

「Mobile Virtual Network Enabler」の頭文字の約となっています。
日本語に直すと「仮想移動体通信サービス提供者」となります。

 

MVNOやMNOに比べても、聞く事や情報量が少ない業界用語となりますが、実は格安スマホを選ぶ上ではMVNEは非常に重要な役割を担っています

 

具体的にMVNEの内容を説明すると、MVNOが格安スマホ運営の為にMVOから借りてエンドユーザーに電波を提供する業務を請け負う業者の事になります。もっと簡単に例えると、MNOとMVNOと仲介役の役割と表現する事もできます。

 

MVNOはMVNEを自社で行っている場合と他社を利用している場合があります。
数あるMVNO業者も利用しているMVNEで見れば、少しは絞りこむ事も可能です。

 

こうした背景から、MVNEが同じであれば、違うMVNOでも利用できる電波や、MVNOに割り当てられる回線の枠がほぼ同等となります。

 

MVNEを自社で行っている業者は、回線のOEM供給を利用する他社のMVNEも請け負う業者を回線のOEM元と表現する事もあります。

 

OEMという表現を使うと、分かりやすくなるかと思いますが、利用する回線は大手キャリア(MNO)の回線でも、その回線を利用者に提供する業者をMVNEと呼び、自社で行っている業者と他社で行う業者がある事を覚えておくとよいでしょう。

 

格安スマホに新規参入した中小規模の業者でもMVNEが大手であれば、サービスの信頼性は高く、MVNEを自社でやっている回線は、中間コストが少ないので、コストパフォーマンスが高い可能性もある事を覚えておきましょう。

 

 

MVNOの歴史

国内最初のMVNOは、日本通信(b-mobile)が2001年にPHS回線網で始めたものだと言われています。

 

その後、NTTドコモもMNOとして積極的に取り組むようになっていき、SIMフリースマホの携帯電話なども登場していくようになってきました。

 

その後は、格安スマホというよりかは、格安SIMが緩やかに普及していき、2014年に小売大手のイオンやインターネットプロバイダのニフティやOCNが相次いで格安スマホに参入。端末と基本料金を併せて月額3000円前後の商品を投入した事をきっかけに一気に注目を集めて、一部商品では発売後すぐに完売などの人気を呼び、急速に現在も普及しています。

 

 

大手キャリアのMNOとしての実績

 

ドコモのロゴ

いち早くMNOとして格安スマホに取り組んでいて、今現在は1人勝ちの状況です。
現在主要な格安スマホの多くはドコモからのMVNOとなっています。

 

 

 

auのロゴ

当初は既存ユーザーの取りこぼしを懸念して、MNOに消極的でしたが、近年の格安スマホブームで2013年に初のMNOとして回線の供給を開始し、最近では力を入れて取り組んでいて、UQ-mobaileを始めとしたau回線を利用したMVNOも続々と参戦してきています。

 

 

 

ソフトバンクのロゴ

今現在も格安スマホに対してのMNOは消極的です。
格安スマホへの顧客流出を防ぐ為と利益率の確保の為に、子会社のY!mobileで格安スマホに力を入れています

 

Y!mobileはPHS大手のイーモバイルが、同業界大手のウィルコムを吸収合併してできた会社で、自社回線の供給とソフトバンクのWi-Fiスポットを供給したサービスを行っております。

 

Y!mobile自体がMNOとなり楽天mobileなどに回線供給等も行っています。