2台持ちはやり方次第で1台持ちよりもコストカットできる場合があります!

「2台持ち」はアリ!?

 

スマホの2台持ち

格安スマホの躍進で、最近大手キャリアのスマホと格安スマホを2台持つ人が増えてきています。

 

料金的にはスマホとPHSを持つ事と大差はなくなってきていますが、「わざわざスマホを2台持つ意味はあるの?」と思ってしまう人もいます。

 

しかし、格安スマホを利用した2台持ちは、上手に活用できればメリットも多くオススメできる方法だと言えます。

 

 

大手キャリアの「かけ放題プラン」との併用がオススメ

大手キャリアのスマホと格安スマホ2台持ちを利用している人の多くが、大手キャリアの契約プランをかけ放題に設定しています。

 

かけ放題は、アクティブユーザーであれば電話代を大きく節約できるメリットがある反面、通信制限が厳しく、少ない容量を設定しないと料金が高い傾向があります。

 

それに対して、格安スマホの場合は基本料金が安く、データ通信も比較的安い料金で利用できる反面、電話代に関しては大手キャリアよりも高い値段設定となっています。

 

こうした双方のメリット・デメリットを2台持ちで上手に活用すればメリットは大きくなります
電話は大手キャリアを中心に行い、データ通信は格安スマホメイン(格安スマホの料金相場)で利用すれば、2台持ちをしても結果的にコストを削減できる場合もあります。

 

 

 
1台持ち

ドコモかけ放題スタンダートプラン
定期契約ありスマートフォン向け
月額2,700円 + データLパック(8G)6,700円 = 9,400円

 

月々 9,400円

 

2台もち

ドコモかけ放題スタンダートプラン
定期契約ありスマートフォン向け
月額2,700円 + データSパック3,500円 = 6,200円

 

u-mobaile
通話 + LTE使い放題プラン =2,980円   

 

2台合計9,180円

 

月々 9,180円

 

このように総額で見ても1台よりも格安スマホを利用した2台持ちの方が安くなる場合もあります。
仮に多少料金が高くなっても、電話番号やWEBアカウントを2つ取得できるメリットを考えれば、充分お得だと評価できます。

 

 

 

データ通信専用SIMを利用すれば、更に安くできる

サブの電話番号はいらない人であれば、格安スマホを電話番号未発行のデータ通信専用SIMを利用する事で、更に月々の料金を安くする事も可能となります。

 

現在、大手キャリアでWi-Fiルーターも同時契約しているけど、スマホ以外でWi-Fiを使っていない人などは、格安スマホと2台持ちにする事で大幅にコスト削減できる場合もあります。

 

 

2台持ちのメリット

格安スマホを利用して2台持つと、料金以外にも様々なメリットがあります。

 

具体的には、電話番号やWEBアカウントを2つ取得できる事で、仕事とプライベートなど、人に教える電話番号やLINEアカウントを使い分ける事が可能となります。最近ではスマホゲームでサブアカウントを利用する為に2台持つ人もいるなど、活用方法次第で2台持ちは多くのメリットが出てきます。

 

上手に使い分けをできれば、スマホ1台持ちよりも安く利用する事ができる格安スマホとの2台持ちはオススメできる手法です。

 

 

まずは様子見で2台持つ

「格安スマホに興味はあるけど、携帯の契約期間や、端末代の分割がまだ残っている。」「格安スマホは興味があるが、不安も大きい。」などといったネックを抱えている人は、とりあえず格安スマホと2台持ち、時期や様子を見ながら、格安スマホに移行する方法もオススメです。

 

乗り替えの違約金などを考えれば、お得になる場合もあり、MNPを利用しなくても2台持つ事で連絡先の引き継ぎもスムーズに行えます。

 

大手キャリアと格安スマホの違いとは一体!?