既存のキャリア・端末の解約費用が重要なポイントです。

乗り換えにかかる費用

 

乗り換え費用

格安スマホは店頭表示金額が非常に安いですが、「安い分何かカラクリがあるのではないか?」と思われがちです。

 

もちろん、端末代金は2年など一定期間の継続利用を条件に安く利用できる契約となりますが、これは大手キャリアでも同じ事が言えます。
その他、格安スマホ側では、注意点はほとんどない内容となっています。

 

格安スマホに乗り換える場合の費用についてご説明いたします。

 

 

格安スマホの初期費用は主に事務手数料とMNP転出費用のみ

格安スマホを契約する為の初期費用は、端末とセットの商品で分割購入を利用すれば大手キャリアの携帯・スマホを利用する時と同様に事務手数料のみで利用する事が可能です。

 

事務手数料は各社によって若干の違いはあるものの、相場は3000円前後で各社統一されています。
その他、既存の大手キャリアの携帯・スマホの電話番号を引き継ぐ場合はMNP転出費用で、約2000円かかります。

 

上手に乗り替えを利用すれば、事務手数料とMNP転出費用の合計5000円強の初期費用のみで格安スマホに乗り換える事が可能です。

 

 

既存の携帯・スマホの違約金に注意

格安スマホに乗り換える場合に注意しなければいけないのが、既存の携帯・スマホを解約する為の費用です。
解約時に発生する費用は、契約月以外の解約の違約金と、分割購入した端末の残債があります。

 

 

携帯、スマホの違約金

最近の大手キャリアは、本料金や端末代金を安く利用できる事を条件に、他社への流出防止で1年ごとの自動更新契約となっている事が一般的です。

 

解約月以外に解約してしまうと1万円前後の解約金が発生する事があります。
事前に解約月を確認して、必要に応じて格安スマホに乗り換える時期の見直しも必要となってきます。

 

前回機種変更をしてから2年以上利用している人は、いつ解約しても違約金がかからないと感違いしている人も多いですが、2年という期間は、端末代金の分割割引を受けられる期間で、キャリアとの契約自体は1年ごとの自動更新で、端末代金の分割期間が過ぎても違約金が発生するのが一般的となっています。

 

多くの場合は、機種変更をした時点で契約月がリセットされる事が多く、既存の端末を購入した月が契約月となっている事も多いです。

 

 

 

端末代金の残債

最近では、携帯・スマホの端末代金は2年の分割購入をする事が一般的となっています。

 

端末代金実質0円となっている場合でも、実質0円になるのは、契約を継続している事が条件となり、月々の分割代金と同等額の割引をされている仕組みとなっています。

 

既存の端末購入から2年以内に格安スマホへの乗り替えなどで、キャリアを解約した場合は、端末の分割代金が残り、それまであった端末の為の割引費用がなくなってしまいます。
また、キャリアを解約した場合は、端末の残債を一括精算しなければいけないのが一般的なルールとなっています。

 

既存の端末の使用期間が2年以下の人は、残債がいくらあるかを必ず確認しておきましょう。

 

具体的な端末代金の残債金額例

 

・iPhone5S
端末代金78,120円(ドコモは95,760円)
月額端末分割代金 3,360円  
月額端末割引代金 3,360円(実質0円)

 

分割残月 12ヶ月の場合
3,360円 × 12 = 約40,320円(月賦金利によって若干の端数が変わる場合もあります)

 

この他、分割残月に応じて、格安スマホの乗り換える時の費用は変わります。
なるべく2年以上利用して、端末代金の分割を精算してからの乗り換えがオススメです。
残月数が少なければ、格安スマホに乗り換える事で削減できる月額料金で、すぐに元を取る事もできます。

 

 

 

 

格安スマホはキャッシュバックキャンペーンをほとんどしていない

大手キャリアの場合は、乗り替え時に端末の残債分などを保証する2万円~5万円前後のキャッシュバックキャンペーンをやっている事があります。

 

しかし、格安スマホの場合は料金自体が安いので、ほとんどこうしたキャッシュバックキャンペーンをやっていません。
やっている所でもキャッシュバック金額は数千円程度となっている事が多いです。

 

格安スマホに乗り換える場合は、キャッシュバックを期待する事はほとんどできない為、少しでも解約費用を抑えるように乗り換えの時期を見極める事が大切です。