格安スマホを検討する際は、事前に大手キャリアとの違いを理解して選びましょう!

大手キャリアとの違い

 

大手キャリア

 

 

格安スマホを検討している人の多くは、ドコモ、ソフトバンク、auといった大手キャリアのスマホを使っている人だと思います。

 

こういった人は、「格安スマホは既存の大手キャリアとは何が違うのか?」が気になる所だと思います。
また、しっかり格安スマホの特性を理解していないと、あとから後悔する事もあるので注意しましょう。

 

格安スマホと大手キャリアの違いを紹介します。

 

大手キャリアと格安スマホの2台持ちの方がお得?

 

 

サポート店舗がない、少ない

大手キャリアであれば、至る所に店舗を持っています。

 

主要な駅であれば、駅周辺に複数店舗ある事も珍しくなく、最近では幹線道路沿いや大型モール・ショッピングセンターの中など郊外型の店舗も増えて、何かあればすぐにお店に行って相談する事ができます。

 

それに対して格安スマホは、ネットで契約する事も多く、最近増えてきた店頭販売も、販売のみとなっていて、その後のサポートや契約内容の変更・見直し、問い合わせは自分でネット上や電話でする必要があります

 

いつも何かあるごとにお店で相談している人よりかは、何かあれば公式ホームページなどで調べて、必要な手続きを取れる人が格安スマホに向いています

 

 

電話の使用量が少ない人にオススメ

格安スマホは基本料金が安いですが、大手キャリアから移動通信回線(基地局等)を借りているMVNOとなります。その結果通話料に関しては、大手キャリアよりも若干高めで、かけ放題プランや、基本料金に無料通話分を含んだプランはほとんどありません。

 

現在格安スマホを利用している人の多くは、ネットやWEB、アプリの利用を中心に、電話は補助的な要素で使っている人が多いです。

 

もっと具体的に例えると、友人・知人・家族などと連絡を取る時は、電話ではなく、LINEなどの通話アプリを利用して、WEB回線で利用している人が多く、電話使用料が少ない人や、電話の用事をアプリで代替えできる人にオススメです。

 

 

データ通信プランが豊富

データ通信のプランは、各格安スマホ会社でさまざまな内容となっています。
プランの数や選択肢が豊富なのは、決して良い面だけではなく、格安スマホは制限が多い事を表しています。

 

しかし格安スマホが安い理由のひとつは、データ通信のコストを最小限に抑える事でもあります。
データ通信を実際に利用する分の最低限に制限をかければ、それまで通り普通に使う事ができ、料金も抑えられます。あらかじめ、自分の月額通信量を数ヶ月サンプルを取って、格安スマホに乗り換える時に役立てるようにしておくと良いでしょう。

 

また、格安スマホのデータ通信プランは近年多様化していて、最近では利用制限なしのプランや、制限をかける期間を月単位ではなく、3日単位など短く設定している事も多く、上手に使いこなせば格安スマホのデータ通信プランは効率的な内容となります。

 

 

基本料金と端末代金の関係性が違う

大手キャリアの場合は、端末代金なしの基本料金が表示され、そこから端末代金を上乗せする料金システムを明記してあります。
端末代金は2年契約にする事などで、月々に分割払いの金額から同等水準を割引して、実質端末代0円で利用できる場合もあります。

 

それに対して、格安スマホの場合は、端末セットモデルであれば、端末代を含んだ料金表示をしている事が多いです。
これにより、同じ会社、同じプランでも、端末によって料金設定が大きく変わる事もあります。

 

また、格安スマホは1社で扱える端末の数も現状では少なく、大手キャリアに比べて端末を選ぶ事ができず、「この会社の格安スマホで、高速通信対応なら、この端末しかない。」などと選択肢が限定されてしまう場合も多いです。

 

 

 

>>格安スマホの料金相場<<