ポイント付与でお得感があり、今後の躍進に期待の高いMVNOです。

楽天モバイル

 

楽天モバイルスクリーンショット2

 

会社特徴

運営しているのは楽天・丸紅グループで、楽天電話等を手がけるフュージョン・コミュニケーションズ。

 

ワイモバイルのMVNOとしてポケットWi-Fi、楽天スーパーWi-Fiブランドを提供している楽天・イーモバイルとは別会社となり、ドコモのMVNOとして2014年より参入しています。

 

最近話題の楽天スーパーポイントが還元される各種キャンペーンを随時開催しているのも特徴となっています。

 

その他、中古端末を楽天市場ですぐに検索できる機能など、楽天と提携したサービスが人気を呼んでいます。

使用回線

ドコモ

通信速度

下り最大150Mbps

サービスラインナップ

端末とのセット販売・SIMカード単体(ポケットWi-Fiの楽天スーパーWi-Fiは、別会社のワイモバイルのMVNO)

端末ラインナップ

5機種(2015年3月現在)

料金例

  • ベーシックプラン  音声通話 + 高速通信なし(最大200Kbps)  1,250円/月
  • 3.1GBパック    音声通話 + 高速通信2.1GB          1,600円/月
  • 5GBパック     音声通話 + 高速通信4GB          2,150円/月
  • 10GBパック    音声通話 + 高速通信7GB           2,960円/月

 

 

 

楽天モバイルのサービス特徴

 

豊富なポイントキャンペーン

人気の楽天スーパーポイントが還元されるキャンペーンが随時、複数開催されています。
新規申し込みであれば、5,000ポイント以上を簡単に稼ぐ事ができると人気です。
中古端末購入でも特典があるので、端末の中古購入を検討している方にもオススメです。

 

 

通話アプリとの連携

楽天モバイルの端末を購入すると最初から楽天電話やViberといったアプリがインストールされた状態となっています。

 

楽天電話は、電話回線をつかった通話が大手キャリアの約半分の値段でできるアプリ

 

Viberは、LINEのインターナショナル版のようなアプリで、LINEと同様、メッセージ・スタンプ等の送信と、WEB回線を利用した無料電話が可能です。Viberは海外で需要が高く、海外にいる人とでも快適に通話できると評判が高いアプリです。

 

通話料をアプリを使用して安く抑えたい人には、最初から連携サービスとなっている事で、初心者でも安心して活用する事ができます。

 

 

データ通信専用SIMはなし

楽天モバイルはSIM単体の販売もしていますが、全て音声通話セットとなり、
プランは格安スマホでは珍しい、高速通信なしプランを含めた4種類のみとなっています。

 

 

端末を分割できない場合も

5機種の端末を扱っていますが、そのうち3つは分割購入不可の一括購入のみとなっています。

 

もちろんクレジットカードなどの分割払いには対応していますが、通常のスマホ端末の感覚で初期費用を抑えて買おうと考えていると思い通りにいかない事もあるので注意が必要です。

 

楽天モバイルは、楽天市場や中古市場から端末を買って使用する人が多い傾向もあります。

 

 

公式サイトはこちらボタン