格安SIMを使えば音声通話と一定のデータ通信が付いて月2000円以下!

最安でiPhoneを使う方法

 

スマホで高い人気を誇る定番機種と言えばappleのiPhoneです。

iPhone

 

毎年秋の新機種発売時には、各キャリアには予約が殺到し、appleショップには長蛇の列ができます。

 

そんなiPhoneのネックはキャリアを利用して使用すると、データ通信費用が高いという点
しかし、格安SIMを組み合わせて使うと、驚きの低価格でiPhoneを使う事ができます

 

実際に格安SIMを使ってiPhoneを最安値で使う為の方法や注意点を紹介します。

 

 

 

 

端末のSIMロックを確認する

 

iPhoneをキャリアの販売店で購入した場合は必ずSIMロックがかかっていて、そのままの状態では格安SIMを利用する事はできません。
オススメの方法は、appleショップとapple公式オンラインストアで販売しているSIMフリー版の端末を買う事です。

 

SIMフリー版はキャリアのような分割購入はできないのと、中古で買おうとした時には相場がSIMロック版よりも高いので注意が必要です。

 

 

SIMロック版のiPhoneをSIMフリー化する

裏技に近い方法となりますが、キャリア版のiPhoneのSIMロックを外して格安SIMを利用するという方法があります。

 

やり方は大きく分けて2種類あり、

  • SIMロックを差し替えて利用するSIM下駄と呼ばれる方法
  • IME情報を書き換えるファクトリーアンロックという方法

があります。

 

SIM下駄

SIM下駄は、1000円~2000円程度で買える専用のSIMとアダプターセットを購入する事でSIMフリー化できます。
ただし、中には使えはするものの、「電波が入りにくい。」「すぐ圏外になる。」など、精度に不安が多い方法となります。

 

 

ファクトリーアンロック

ファクトリーアンロックは一般的には専用の業者に依頼して、遠隔操作で作業してもらえます。

 

ファクトリーアンロックであれば、appleの保証を継続して利用できるメリットがありますが、
appleに修理で預けると、SIMロック状態に戻されて返却されてしまいます。

 

費用も最新のiPhone6モデルだと3万円~4万円かかってしまうので、あまりオススメはできません。
型落ちのiPhoneであれば、もう少し安くなるので、余っている端末がある場合に検討すると良いでしょう。

 

 

 

やはりオススメは、初期費用はかかっても正規のSIMフリーiPhoneを買う事がオススメです。

 

 

 

 

格安SIMを利用するには設定が必要

 

iPhoneで格安SIMを利用するには、接続設定のプロファイルをダウンロードする必要があります。

 

格安SIMを挿入した状態で設定を行わないといけないので、接続時だけはWi-Fi環境が必要となります。

 

MVNOがiPhoneで使用するサポート体制をしっかり取っていないと、
難易度は高くなりますので、初心者の方は実績のあるMVNOを利用するとよいでしょう。

 

iPhoneのSIMフリー版で評判が高いのが、b-mobileu-mobileになります。

 

その他のMVNOで利用したい方は事前にプロファイルの作成やダウンロード方法をしっかり確認してから格安SIMを購入するようにしましょう。

 

 

 

実際にどれだけ安くなるの?

 

iPhoneで格安SIMを利用した場合の料金とプラン内容の一例を紹介します。

 

b-mobile

iPhoneユーザー向けに用意された音声通話と月8GBのデータ通信が可能なハイエンドSIM。
料金は3,980円となっています。

 

iPhone向けの商品ですので初心者にもオススメ。
キャリアよりもデータ要領が大きい点にも注目。
アクティブユーザー向けです。

 

 

b-mobileSIM 高速定額

LTEの高速通信を無制限で使用できるSIM。

 

料金は業界最安水準の1,980円。
プラス800円で電話番号を取得した音声通話を付ける事も可能です。

 

今、人気が高まっている注目の格安SIMです。

 

 

u-mobile通話プラス 1GB

音声通話と1GBのデータ通信が付いて月額1,580円。
3GBプランにしても1,980円です。

 

 

 

こういった格安SIMを利用すれば月々2,000円以下でiPhoneを使用する事が可能となります。