自分の希望や用途に当てはまるものを選びましょう。

SIM選びのポイント

ポイントと手

 

SIMカード単体のプランは大手キャリアのスマホや格安スマホ以上に種類があります。
最初はどのSIMを選んでよいのか分からない人も多いと思います。

 

はじめての格安SIM挑戦の際に失敗しない為のSIM選びのポイントを紹介します。

 

 

 

SIMカードの種類

 

SIMカードには複数の大きさがある

SIMカードにはいくつかの大きさがあります。

 

一般的によく流通しているのが「標準」「マイクロ」「ナノ」の3種類があります。

 

利用するSIMフリー端末のSIMスロットルは対応できる大きさが限られています。

 

端末のSIMスロットルの大きさと、利用するSIMカードの大きさが適合していないと、当然利用できませんので、必ず大きさを確認してからSIMカードを選ぶようにしましょう

 

 

データ通信専用か音声通話付き

SIMカードには大きく分けて、電話番号を取得するプランと、データ通信専用のSIMカードがあります。

 

データ通信専用のSIMカードでも、通話アプリを利用すれば音声通話は可能ですが、通常のキャリアのように090/080などから始まる電話番号も必要な場合は、音声通話付きを利用する事が必要です。

 

最近では格安スマホの一部では、070から始まる携帯電話も登場しています。

 

通常の格安スマホでは、無料通話が付いてくるプランはほとんどありませんが、格安スマホの場合は月額料金の中に一定の無料通話が付いてくるプランもあります。

 

格安スマホで、ある程度の量の通話をする見込みがある方は、電話料金もお得感が高いSIMカードを選ぶと良いでしょう。

 

 

データ通信の速さ

主に3G回線用SIMとLTE(4G)対応SIMがあります。

 

長年スマホを利用してきた人であれば、その違いは分かると思いますが、簡単に例えると、

  • 動画の閲覧やストレスないWEB閲覧を求めるのであれば、LTEなどの高速通信対応SIMがオススメ
  • 「最低限のWEB利用さえできれば良い。」という方は3Gでも充分にスマホとしての最低限の機能を果たす事が可能

です。

 

 

データ通信の容量

SIMカードによって、利用できるデータ要領が違います。
最近人気となっているのが月額2GBプランです。

 

スマホユーザーの8割以上の方が、実際に月に2GB以下の量しかデータ通信をしていないと言われています。

 

利用する最低限のデータ容量のSIMカードを選ぶ事で、月額コストを大幅に抑える事ができます。

 

ゲームや、動画の閲覧をアクティブに利用している方は、容量の多いSIMを選ぶ必要があります。

 

 

プリペイド型SIMカード

多くのSIMカードは月額料金の継続使用が一般的ですが、一部SIMではプリペイド型の商品もあります。

 

決められた容量を使い切ったら終わりとなり、たまにしか利用しない人であれば、プリペイド型を選べば、一度の支払いで数ヶ月に渡って利用する事も可能です。

 

まずはお試しで格安スマホや格安SIMに挑戦してみたい人にもオススメの選択肢となっています。

 

一部のプリペイド型SIMでは、一度カードを購入すればその後はデータ容量の追加購入で継続して利用できる商品もあります。

 

 

 

 

 

メーカーで選ぶ

 

格安SIMを選ぶ時に重要になってくるのは、料金プラン充実度です。

 

希望するデータ容量や音声通話プランに対応できる中で、最も安いSIMカードを見つける所からはじめると良いでしょう。

 

 

SIM選びのポイントとして、もう一点重要になってくるのがメーカーです。

 

格安SIMは原則MVNOとなっていますので、利用する会社のSIMによって、「どのMNO(大手キャリア)の電波を使っているか?」や「MVNEの会社が実績のある大手なのか?」などが品質や電波の入り方に大きな影響を与えます

 

 

なるべく大手の商品を選ぶ事がオススメで、
いくら安くても、聞いた事がないメーカーや、ネットで情報や口コミ数が少なすぎるメーカーのSIMは注意が必要です。

 

データ通信のみで、「初期費用が安い。」「すぐに解約しても違約金がかからない。」などの条件であれば、とりあえずお試しで使ってみる事もオススメですが、「電話番号を取得する。」「MNPを利用して同じ電話番号でないと都合が悪い。」などの事情がある人は、最初から大手で無難な所のSIMカードを選んだ方がよいでしょう。