シングルSIMは日本国内では圧倒的なシェアを誇り、ほとんどの端末がシングルSIM型となっています。

シングルSIM型

 

日本のSIMはシングルSIM型となっています。

 

シングルSIM型とは、文字通り、SIMを1枚使用する方法の事です。
これは、SIMカード型の問題というよりかは、端末側の問題で、端末にSIMスロットルが何個用意されているかが問題となります。

 

SIMスロットルが1個の場合は、シングルSIM型となり、国内で流通しているスマホのほとんどがシングルSIM型

 

安い価格で流通している端末であれば、間違いなくシングルSIM型だと言えます。

 

 

 

 

海外では人気のデュアルSIMが日本で流行らない理由

 

海外ではSIMスロットルが2つあるデュアルSIMが人気の国や地域があります。
中にはSIMスロットル3つのトリプルSIMという商品も登場しています。

 

携帯と考える女性

 

「なぜ海外ではデュアルSIMが人気なのか?」というと通信インフラの環境の問題にあります。
海外では大手キャリアを利用していても、電波普及率が少ない場合もあります。

 

自宅ではA社の電波しか入らないが、職場ではB社の電波しか入らないという状況も多く、どこでも連絡が取れる手段として、複数社のSIMを使い分けます。

 

また、一部の国や地域では、電話のかけ放題プランや、データ通信のパケ放題プランがない事も多く、同じキャリア同士であれば、電話無料や、SMS(キャリアメール)無料といったサービスを行っている場合があります。

 

こうした場合は、複数社と契約をしていた方が、1社の契約で複数のキャリアを使っている人に連絡を取るよりも安く済む場合があります。

 

こういった地域は、発展途上国が多く、2台端末を買うお金がない人が大半という理由で1台の端末で2枚のSIMを使えるデュアルSIMが人気となっています。

 

 

それに対して、日本では大手キャリアや大手のMVNOを利用すれば、1社との契約でストレスなく全国各地で利用する事ができます

 

また、データ通信はパケ放題や2GB以上の定額プランが主流となっていますし、万が一、使いすぎても通信制限がかかるだけですので、「データ通信の使いすぎで、ものすごい費用を請求された。」という事も最近ではほとんどなくなりました。

 

また、日本では各キャリアが端末の割引販売を行っていますので、複数の電話番号が必要な場合でも、シングルSIMの端末を2台持つという事が主流になっています。

 

こうした背景があり、国内ではシングルSIMが主流となっていて、デュアル以上のSIMは必要性と需要が少ないのが現状となっています。

 

デュアルSIMの説明や活用方法は、「デュアルSIM」のページでも詳しく紹介しております。