ソネットモバイルはスマホセットプランが人気の老舗MVNOです。

So-net モバイル

 

ソネットスクリーンショット2

 

会社特徴

大手インターネット回線を販売しているブロードバンドの会社。

 

MVNOとしても老舗で、元々はウィルコム、イーモバイル、UQコミュニケーションズのMVNOとしてbitWarpブランドを展開していましたが、2009年に新規受付終了。

 

2011年よりドコモのMVNOとしてSo-net モバイルを展開しています。

 

サービス名称は、当初は「So-net モバイル3G」となっていましたが、LTEを取り扱いできるようになり、現在は「So-net モバイルLTE」のブランド名で展開しています。

 

この他にもWiMAX2やワイモバイルのMVNOを行うなど、多様化したサービス展開をしています。

使用回線

ドコモ(自社でMVNE事業も展開)

ポケットWi-Fiではワイモバイルの回線を利用

通信速度

下り最大150Mbps

サービスラインナップ

端末とのセット販売・SIMカード単体・Wi-Fiルータ

端末ラインナップ

6機種(2015年3月現在)

料金例

  • スマホセット4980

    端末Ascend Mate 7 + Talk Lプラン(データ通信1日360MB)  4,980円/月

  •  

  • スマホセット2480

    端末Ascend G620S  + Talk S2プラン(データ制限月1.5GB) 2,480円/月

 

 

 

So-net モバイルのサービス特徴

 

人気端末の「Ascend Mate 7」を割引付きで買える

格安スマホながら、ハイスペックと評判の人気機種「Ascend Mate 7」をスマホセット4980で購入すると、端末代金36回分割の月1,611円から毎月811円の割引を受ける事が可能です。
初期費用を抑えて人気機種を買いたい人にはオススメの格安スマホとなっています。

 

 

So-netを利用の方は更に200円割引

店頭表示金額には月200円のSo-net接続会員費用が含まれています。
既にインターネット回線などでSo-netをご利用の方は、200円の接続会員費用が不要となり、200円安く利用する事が可能です。

 

 

「Talk Lプラン」はデータ容量制限が1日単位

「Talk Lプラン」は、月額通信容量無制限と記載されていますが、1日あたり360Mbpsを超えた場合、その日に限り制限がかかります。それでも「360Mbps×30日」で月額10.8GB利用できる計算となるので充分なスペックと言えます。
制限がかかっても1日我慢すれば、翌日には解除されますのでアクティブユーザーにオススメのプランとなっています。

 

 

ネット購入がお得

So-netモバイルは一部店頭販売しているケースもありますが、ネットで購入したほうがキャッシュバックキャンペーンなどで優遇を受けられる場合があります。各種開催中のキャンペーンについては公式ホームページをご確認ください。

 

 

公式サイトはこちらボタン