タブレットは格安SIMと組み合わせる事で、お手軽価格で利用する事が可能となります。

タブレット

 

タブレットを使う女性

格安SIMの活用方法は、スマホに限定している事ではありません。

 

タブレットでもSIMフリー型端末を利用すれば、安い料金でネットを閲覧する事が可能となります。

 

以前は「タブレットは維持費が高い。」という理由で敬遠していた方も格安SIMの普及で、再度タブレットの利用を検討してみる事もおすすめできます。

 

最近ではスマートフォンの画面の大型化や、性能の向上もあり、スマホ1台あればタブレットは必要ないと思う人も増えていますが、月々1,000円程度から利用できる格安SIMを利用してできるタブレットの利便性についてご紹介いたします。

 

 

タブレット端末はコストパフォーマンスが高い

タブレットは画面も大きいので端末代金が高いと思われる事がありますが、実際にはそんな事はありません。

 

各部の部品をスマホほど小型化する必要がないので、安い値段でもハイスペックのタブレット端末が多く、
2万円以下でも多数の商品が購入可能となっています。

 

格安スマホ端末と同等の値段を考えれば、
コストパフォーマンスは高く、バッテリーも大型化になるなど、全般的な性能も高いです。

 

スマホの場合は、大型液晶の端末は値段が高くなる傾向もありますので、大きな画面でネットや動画の閲覧や電子書籍用・サブパソコンなどの用途で使いたい場合はタブレットの利用がオススメです。

 

 

価格は格安SIMと同等水準

タブレットでネットを利用する場合は、SIMカードの大きさがスマホ用と変わってくる事が多いので注意は必要ですが、料金設定自体は、スマホ用の格安SIMと同等水準となります。

 

基本的にタブレットは音声通話機能が付きませんので、月々1,000円くらいからタブレットを利用する事が可能です。

 

普段スマホの画面では物足りないと思う人がいたら、タブレットと格安SIMを合わせる事でお手軽に利用する事が可能となります。

 

 

タブレットは端末とSIMカードのセット販売が少ない

格安スマホはイオンやブロードバンド大手などの参入で、端末とのセット販売が主流へと変化してきましたが、タブレットの場合は、現状端末とSIMカードのセット販売をしている事が少なく、別々に買う事が必要となります。

 

そうすると初期費用でタブレットの端末代が発生してしまいますが、タブレットの場合は購入後、利用機会が少なくても、
オフラインの使い勝手がスマホよりも高く、SIMカード解約後も活用性があります

 

 

例えばWi-Fiスポットやテザリングで一時的に電子書籍やゲームをダウンロードして、その後はオフラインで活用するなどといった方法も可能で、ある程度のデータを取り込んで、動画閲覧専用にするなど、SIMカードがなくても、所有する価値は高いです。

 

必要になれば、すぐに格安SIMを契約すれば、いつでもオンライン使用が可能となりますので、
タブレットをまだ持っていない人がいたら、SIMフリー端末を1台持っておくと便利です。