通話料が割高な格安スマホは電話アプリの恩恵がより大きくなり、活用を推奨したいサービスです。

電話アプリで通話料節約

 

格安スマホは、基本料金は安いですが、通話量が大手キャリアよりも若干高めとなっているのがネックになります。

 

そこで是非活用してもらいたいのが、電話アプリを使用して電話代を節約する方法です。

 

アクティブに電話をする人であっても、電話アプリを上手に活用すれば、充分格安スマホでも電話代を節約する事ができ、月々の総額でも大手キャリアよりも安くさせる事が可能となります。

 

日本の携帯料金は世界的に見ると高い?

 

 

電話アプリとは?

 

電話アプリで有名なのは、LINE電話楽天電話G-mail050plusなどがあります。

 

LINE電話と聞くと、通常のLINEのデータ通信を利用した無料通話を想像される方もいるかと思いますが、そうしたデータ通信の無料通話ではなく、実際に電話番号を使用して電話が格安に使用できる機能の事をここでは紹介します。

 

 

電話アプリは、既存の番号を使うタイプと、050番号を取得するタイプがある

LINE電話や楽天電話などは、既存の電話番号を使用して利用する事が可能です。それに対して050plusやSkype・SMARTalkなどの050で始まるIP電話の番号を新しく取得して利用できるタイプの電話アプリがあります。

 

 

IP電話番号を取得するメリットは

050で始まるIP電話番号を取得するには、最初に本人確認書類の提出やクレジットカードの登録など、
初期設定に手間がかかる傾向があります。

 

一度登録してしまえば、その後は安い維持費(一部アプリでは無料)で利用でき、
シングルSIMのスマホでも、電話番号を2つ持つ事が可能
です。

 

同じアプリを使用している人同士であれば、無料で電話をする事も可能

 

その他、固定電話や海外電話なども個別に料金設定されていますが、全般的に安く、
用途によっては、最近流行っている既存の電話番号を利用するアプリよりもお得な内容になる場合もあります。

 

 

 

 

電話アプリの料金は?

 

電話アプリはそれぞれのサービスで価格設定は変わってきますが、
通常のスマホの電話代よりも5割~9割ほど安くする事が可能です。

 

楽天電話の場合は、大手キャリアの半額の料金になり、
LINE電話では最安で固定電話宛に最安1分2円~という驚異的な価格設定を実現しています。

 

キャリアを選ばず、既存の電話番号で一律設定されている事も多く、格安スマホではよりメリットが大きくなる場合もあります。

 

電話アプリが安い理由

「電話番号を利用できるのに、なぜこんなに電話アプリは安いのか?」
そのカラクリについてご紹介します。

 

まず、LINE電話や050plusなどの多くの電話アプリで使用されているのがIP電話を活用した電話発信です。

 

IP電話とは簡単に言ってしまえば、インターネット回線を利用して電話番号を取得した電話の事です。

 

050からはじまる電話番号は全てネット回線を利用して、専用サーバーを経由する事で電話が可能となります。

 

 

通常のアプリの無料通話と似ていますが、一番のポイント

  • 電話番号を取得できる事
  • IP電話用のサーバーを経由する事で通話品質が高い事

です。

 

 

最近のIP電話は通常の電話回線と変わらないくらいクオリティが高くなっていると言われています。

 

LINE電話の場合はIP電話のような050の電話番号を新規で取得する必要はないですが、インターネット回線を利用して、あらかじめ登録した自分の電話番号をサーバーから通話先の相手に通知するという仕組みになっています。

 

電話回線は自分から電話をかける際には原則使わないのと、
LINE電話の場合は運営側が利益を度外視した料金設定にしている為、驚きの通話料を実現しています。

 

 

楽天電話は電話回線を使用

IP電話は電波が悪い所では、通常の電話の品質に劣る部分がどうしても出てきます。
仕事で電話を使うなど、電話をした際の安定性を重視する人はなかなか使いずらい部分もあります。

 

楽天でんわ

 

それに対して楽天電話はLINE電話よりも高い料金設定にも関わらず大きな注目を集めています
その理由が、実際に電話回線を利用した通話で安い価格を実現しているからです。

 

 

なぜ電話回線なのにキャリアが設定した通話料よりも安くなるかは、電話料が発生する仕組みにあります。

 

電話は各通信会社の接続地点を通る事で業者間の接続料が発生します。
言わば卸売り価格といった感じで見て頂ければ分かりやすいと思います。

 

この接続地点の事を「POI」と言います。

 

例えばドコモからソフトバンクに電話をした場合は、最初はドコモの回線で発信しますが、ソフトバンクの回線のPOIを通る事で、他のキャリアや固定電話などを相手に電話されます。

 

そこで他社のPOIを利用する為には料金が発生し、その接続料自体はキャリア側が支払っています。

 

キャリアは利用者にPOIの料金を払っても利益が出るような通話料の価格設定を取っている仕組みになります。

 

以前から、同じキャリア同士は時間帯によっては通話料無料や、家族など特定のユーザー相手では通話料無料という設定を安いオプション価格でできたのは、自社同士の電話であればPOIの接続料が発生しないからです。

 

 

それに対して楽天電話の場合は、以前マイライン(電話番号の前に識別番号を入れて送信すると通話料が安くなる)などのサービスを行っていたフュージョンコミュニケーションのPOIを経由する事で、接続料を安い契約で行う事が可能となり、30秒10.5円ほどの通話料で利用できるようになっています。

 

最近ではG-callなども同様の仕組みで電話アプリが展開されています。

 

 

電話アプリの注意点

電話アプリで一番気をつけなければいけない事は、
家族など本来はキャリア同士では無料で通話できる相手でも、電話アプリを通してしまうと、通話料が発生してしまいます。

 

キャリア側の契約プランを確認して、必要に応じて通常の電話と使い分けていく必要があります。

 

その他、アプリによっては、「固定電話には自分の電話番号が通知されない。」など細かい難点がある場合や、「利用料を前払いで払う。」「カード払い。」など、「通常の電話代金と一緒に精算できない。」などのデメリットがあります。

 

電話アプリを利用する場合は、しっかりそれぞれのアプリの特性を理解して利用するようにしましょう。